大谷常緑の『状況や関係性を改善する~メタ認知力を身につけよう~』[FE01170002]
59fff30792d75f711e001853

大谷常緑の『状況や関係性を改善する~メタ認知力を身につけよう~』[FE01170002]

¥540 税込

※こちらはダウンロード商品です

fe01170002.zip

10.8MB

■サンプルの試聴はこちら http://www.healing.ac/kikumaru/sample/FE01170002sam.mp3 ■収録時間 27:08 ■内容説明 【講座説明】 “認知”とは、私たちの感覚器官 (視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚、その他)から入ってくる情報を脳で認識し、 情報処理した結果の事です。 例えば、誰かが「あなたは優秀だね」と言ったとすると、 Aさんは「ほめてくれてありがとう」とそれを認識しますが、 Bさんは「またおだてて何かやらせようと思ってるでしょ」と全く別の認識をすることもありますね。 同じ状況で、同じことを言われても、その人が持っている心の痛みや経験、クセなどが脳の認識の仕方を変えるのです。 心のフィルターを通して物事を見たり感じたりする「投影」ですね。 ほめてくれた人がどんな気持ちで褒めたのか、事実がどうであったかは別にして、 私たちは感覚器官から入ってくる情報を脳で処理してその結果を受け取るので、 私たちの“認知”は情報処理した結果なのです。 “メタ認知”とは、私たちが“認知”していることを“認知する”ものです。 例えば、「“私はあの人から褒められて、前にうまく利用されたことがあるので、またうまく利用されるのではないかと怖れている”事を認知している」といったもので、 客観的に自分を見るものです。 このメタ認知を使うと、感情に左右されて思わぬ行動に出てしまう事や、無理をして仕事を引き受ける事などトラブルの元になるような出来事にも冷静に対応することができます。 それは、感情を感じないようにする事でもなく、また、感情を押し殺すことでもありません。 あくまで、状況を的確に捉え、冷静に対処しようとするものなのです。 メタ認知力は、練習で身につけたりアップすることができます。 メタ認知能力を用いると、自分が置かれている状況が改善したり、人との関係性が改善したり、業務効率が改善したり、ビジネスが上手くいったりという事が起こってきます。 今回の講演では、メタ認知とは何か、メタ認知力が向上するとなぜ状況や関係性が改善するのか、メタ認知力を身につけたりアップするにはどうすればいいのか、というお話を例を用いてわかりやすくお話しさせていただきます。 (2014/3/30 講演@福岡)

その他のアイテム