やなぎあこの『おデブな私だからこそ言えること~コンプレックスを超える、最後の恋のための自己肯定愛~』[FS03120001]
free
5a8fd5eded05e653030007a6

やなぎあこの『おデブな私だからこそ言えること~コンプレックスを超える、最後の恋のための自己肯定愛~』[FS03120001]

¥0

※こちらはダウンロード商品です

fs03120001.zip

25.6MB

■収録時間 28:03 ■内容説明 人はそれぞれ、いろんな理由を使って、自分を嫌うものです。 昔は自分を嫌うために、太っていたことを使っていました。 今ではまったく思いませんが、太っている私なんて、 生きる価値がないから、この世に存在しなければいいんだ、 とすら、思っていました。 でも、人はやっぱり、自分を嫌っている人より、 大切にしている人を、好きになりやすいんですね。 「きっと、私のことも大切にしてくれてよい関係が築けるだろう」と、 思えるからです。 ですから、自己肯定愛がすくすくと育っているほど、 幸せな恋愛も、幸せな結婚生活も手に入りやすいのです。 私のブログでの一番の人気コンテンツ、不動の一位は、 「太っています」というタイトルの連載ですが、 じつはこれ、自己嫌悪の世界からもがき出て、 自分を好きになって再婚をするまでの、 自己肯定愛についての紆余曲折の物語なのです。 今は、太っていることは自分のチャームポイント、 とすら、思ってます。ホントに。 (図々しいですね・笑) 人は、恋人ができなかったり、結婚できなかったりする理由も、 どういうわけか、自分が一番だめだと思っている部分に求めやすいのですが、 実は、まったく根拠がありませんし、問題はそこじゃないんです。 私自身は、もっとやせたら幸せな結婚(再婚)ができるんだろうな、 と、素で思っていましたが、そうではなかった。 そもそも私は再婚ですが、いまよりずっと痩せていた前の夫との生活は、 決して幸せとは言えませんでした。 ところが太っていても再婚しましたし、今の夫との結婚生活はとても幸せです。 そして、再婚してからも、別に痩せません(笑)。 要は、太っていることと、幸せな恋愛、幸せな結婚生活は、 本質的には相関関係がないのです。 ちょっと考えれば当たり前なのですけど。 でも、厳密に言えば、自分が「紐づけてしまっている」ことはあります。 ここに、自己肯定愛が育っているか否かが、深く関わってくるんですね。 今回は、自己肯定愛をキーにして、私自身の経験をもとに、 幸せな結婚生活につながる、幸せな恋愛に大切な、 こころのありかたについてお話ししています。 (2015/8/29 カウンセラーズ・フェスタ@東京) ■やなぎあこのブログ http://blog.livedoor.jp/cs_yanagiaco